調査研究事業

償却資産課税のあり方に関する調査研究

平成30年度の調査研究項目

 近年の償却資産課税を取り巻く環境の変化を踏まえ、償却資産課税の今後を見据えた検討を行うとともに、制度的課題について調査研究を行う。
 調査研究にあたっては、諸外国の不動産課税における現状や各種特例措置の内容も確認し、参考にする。

 過年度の調査研究項目はこちらをクリックしてください