調査研究事業

第22回固定資産評価研究大会(平成30年11月2日(金)開催) 

分科会発表者を募集しています。

 業務紹介や事例紹介、新たな試みや取り組み、問題提起や一考察などの分科会発表をしていただける方を募集しています。
 情報を共有することは、極めて有意義なことです。
 是非、情報発信の場としてご活用下さい。
下記は、分科会発表テーマの一例です。

  土地評価に関する発表
 ○ 標準宅地の見直しに向けた提言
 ○ 雑種地の評価について
 ○ 固定資産税システムと地図情報システム(GIS)の連携について

  家屋評価に関する発表
 ○ 評価事務の民間委託について
 ○ 評価の共同化・比準評価の導入について
 ○ 損耗減点補正率等の適用について

  償却資産に関する発表
 ○ 都道府県と市町村が連携した取り組みについて
 ○ 未申告事業者に対する取り組みについて
 ○ 課税客体の捕捉について

 諸課題に関する発表
 ○  死亡者課税解消への取り組み
 ○ 市町村長と登記所間における通知の電子媒体化について
 ○  市町村間での連携及び情報交換について
 ○ 固定資産評価審査委員会への申出事案とその対応について


発表していただく場合には、発表者2名迄の旅費を当センターが負担します。
分科会発表の申込をされる方は、平成30年7月20日までに「分科会発表申込書」により、 当センターにメール()にてお申し込みください。

お問い合わせ先 (一財)資産評価システム研究センター調査研究部 川田 中村
 〒105−0001 東京都港区虎ノ門3−4−10虎ノ門35森ビル8階
 Tel. 03-5404-7781  Fax. 03-5404-2631
 ホームページ:http://www.recpas.or.jp  E-mail:

 これまでの大会の講演録等はこちらをクリックしてください